新着情報

2017年3月の記事一覧

性の多様性ってなんだろう?~LGBT理解教育講演会~


皆さんは、「LGBT」って聞いたことがありますか?

 LGBTとは

L レズビアン(女性同性愛者)・・・女性として女性が恋愛対象となる場合

G ゲイ(男性同性愛者)・・・男性として男性が恋愛対象となる場合

B バイセクシャル(両性愛者)・・・男性も女性も恋愛対象となる場合

T トランスジェンダー・・・からだの性とこころの性が一致しない場合

の頭文字を取っている言葉で、セクシャルマイノリティの総称としても使われています。

今日は、NPO法人 ReBit(リビット)のスバルさんとありさんにお越しいただき、LGBT理解教育講演会を行いました。


セクシャリティ(性のあり方)とは、からだの性こころの性好きになる性表現する性の4つの要素で説明されます。
そして、セクシャルマイノリティとは、性的少数者という言葉で表現されることもあり、世の中には人に言えず、
一人で苦しんでいる人がいるということも教えていただきました。


スバルさんとありさんのお話の中で

・自身の体験や男女別が一般的であるという世の中に、生きづらさを感じたこと

・ReBitと出会って今までとは見ている景色が変わったこと
などがありました。

その後の選択式テーマトークと質問タイムでは

  ・働くこと

  ・結婚すること

  ・子育てについて

  ・家族について

という内容で、自身の考えや体験を話していただきました。


最後に、

『セクシャリティは人の数だけある。全員が多様な中の一人。

どんなちがいも受け入れられる社会であることを願って・・・』

というメッセージで締めくくりました。



私たちは、日常生活の中において、そのことを知らないがゆえに、知らず知らず相手を傷つけてしまっていること。
カミングアウトされたものの、どうしていいかわからず、逆に持ち上げてしまう「キラキラ差別」をしてしまっていることが、
あるのかもしれません。



今日のお話を聞いて、自分以外の相手を知ること、理解しようとすることの大切さをたくさん学びました。


皆さんは、どんな感想を持ちましたか?




 

 



 

 

 


晴れ 誕生学講演会


3月15日(水)
公益社団法人誕生学協会認定 誕生学アドバイザー/帝王切開カウンセラー 
細田 恭子 様にご来校いただきました。

「自分たちの力で未来を守る」という演題で講演していただきました。

・妊娠経過パネルを使った説明   ・赤ちゃん人形を使った分娩の説明
・出産シーンのDVD上映     ・デートDV
・ピアプレッシャー

妊娠経過については、赤ちゃんの一番初めの大きさである0.1mm(針の穴の大きさ)から
米つぶ、あずきの大きさになる、ということをわかりやすく説明していただきました。
また、赤ちゃん人形と女性の骨盤の模型を使って、赤ちゃんが子宮からどのようにして生まれてくるのかという説明もしていただきました。赤ちゃんの首がすわっていない理由なども理解できたと思います。

デートDVやピアプレッシャーについても生徒の心にしみるお話をしてくださいました。
今の自分がいるのは、5年前の自分や10年間前の自分が、自分を大切にしていたか
ら今があるということを忘れないでほしいと思います。
そしてこれからも自分を大切にしてください。

最後に、講師の方から
生まれてきてくれてありがとう」という言葉をいただきました。

 

 
針の穴(0.1mm)の画像(赤ちゃんの一番初め)
ハートの真ん中から少し右上に穴があります。

人権教育講演会

3月14日(火) 人権教育講演会を行いました。

 講師として、東京外国語大学・シリア研究会の学生さんとシリア人留学生2名をお招き、貴重なお話をいただきました。今回の講演で、シリアという国の文化や歴史を深く知ることでき、異国と自国の違いが理解できたと思います。
 また、放課後には、シリア人留学生と交流会を開き、アラビア語を学びました。

 

 

講師の皆さんには、貴重なお話をいただき、ありがとうございました。

卒業式


3月11日(土)卒業証書授与式が本校体育館で挙行されました。
天候にも恵まれ、暖かな陽気での卒業式になりました。

 
 
 
 



卒業生のみなさん、卒業おめでとうございます。
自分で決めた進路先での活躍をお祈りしています。