新着情報

2016年3月の記事一覧

会議・研修 第3学期終業式校長講話

おはようございます。

  終業式にあたり、3点お話しします。1点目は「本校の卒業式」について、2点目は「新入生を迎えるにあたって」、3点目は「東日本大震災」についてです。

 1点目の「本校、日高高校の卒業式」についてですが、今だから言えることですが、昨年の卒業式の日にショックをを受けたことがありました。それは、卒業式終了後に校長室である来賓の方がこう言われたのです。「校長先生、厳粛で素晴らしい卒業式でしたね。ただ、校歌の歌声が聞こえなかったは残念でした。」その言葉に他の来賓の方も気まずそうに頷かれていました。その言葉に衝撃を受けましたが、その時からリベンジが始まりました。入学式の校歌披露に向けて、生徒会役員や部活動部員が音楽室でまだ本校に着任前の音楽の吉田先生の指導の下、特訓を重ねました。その成果で、入学式では素晴らしい歌声を披露してくれました。そして、始業式・終業式など機会あるたびに練習を重ねてきました。音楽の吉田先生は非常勤講師という立場なので授業を担当していただけば良いところ、練習のたびに時間を調整して足を運んでいただき指導をしていただきました。そして卒業式予行で最後の全校生徒での校歌練習を行い当日を迎えました。そして、1年間の取組の結果は、今年、来賓の方から校長室で頂いた講評はこうでした。「校長先生、厳粛で校歌の歌声が体育館に響く素晴らしい卒業式でしたね。」リベンジ達成です。時間を割いて来ていただいた吉田先生に、この場を借りて御礼いたします。ありがとうございます。生徒会長の竹内君には話してありますが、是非「校歌の歌声が響く卒業式」を日高高校の伝統にしてください。来年度も、さっそく4月8日の校歌披露から始まります。よろしくお願いします。

 2点目の「新入生を迎えるにあたって」ということですが、これは、新入生の出身中学校の校長先生から直接お聞きしたお話しです。その校長先生は、日高高校を受検する生徒の面接練習をされました。その面接練習の中で「日高高校を何故志望したんですか。」という質問をしました。その生徒はこのように答えました。「学校説明会に参加した時に、日高高校の生徒の方にとても親切に案内してもらい、笑顔で頑張って下さいと言葉をかけて頂きました。このような先輩のいる学校で勉強したいと思い決めました。」校長先生は「日高高校には素晴らしい生徒さんがいらっしゃるんですね。そのことを直接お伝えしたいと思っていました。」と言っていただきました。私もとっても嬉しく思いました。是非新入生を温かく迎え、充実した学校生活を送れるように励ましてください。そして、来年度も学校説明会を実施していきますが、多くの皆さんにボランティアに携わってもらいたいと思います。是非よろしくお願いします。

 3点目は「東日本大震災」についてです。3月11日の卒業式開式前に、震災から満5年に際し、黙祷をささげお亡くなりになられたすべての方々の御冥福を祈らせていただきました。私は日高高校でも何か復興支援ができることはないかと考えていました。そして、丁度昨年の今頃、生徒会顧問の佐々木先生・根岸先生と話をしました。「将来的にはいつか日高高校として東北復興支援ボランティアに携わりたい。」と校長としての思いを話しました。すると30分後にお二人が校長室に再び、現れて、「校長先生、復興支援ボランティア、やりましょう。今年、行きましょう。」と言ってくれたのです。そして何も決まっていないところからスタートし、7月の21日から23日の宮城県気仙沼に於けるボランティア実施に漕ぎ着けたのです。1日目はバス車中泊で翌朝到着してからまる1日ボランティアに携わりました。私も根岸先生、佐々木先生とともに引率者として参加しました。大変ハードな3日間でしたが貴重な経験でした。ボランティアの合間に、気仙沼復興協会職員の方が被害が最も大きかった地域に私たちを案内してくれました。海岸沿いの何もない地形を前に、「ここにかつて住宅街がありました。すべて流され、住民の3人に1人が亡くなられました。」という説明に言葉も出ませんでした。慰霊碑に生徒一人一人がお線香を供え、最後に私に「校長先生は日高高校の全教職員、全生徒の代表として祈って下さい。」とお線香を束のまま渡していただきました。お子さんを亡くされた方の中には、慰霊碑を抱きしめて、わが子がそこにいるように話しかける人もいるということです。そして宿泊したホテルは3月11日の津波の直後から、避難所でないにもかかわらず、目の前の避難者をほっておけないという経営者の思いで避難者を受け入れたホテルでした。社長さんは「これからの人生を震災の語り部として生きていくことが自分の使命です。」と言われ、夕食後に真剣に語っていただいたことは私も含め参加者全員の魂を揺さぶるお話しでした。気仙沼を出る時に復興協会の方がこう言われていました。「私たちの一番の願いは、一人でも多くの人に現地に足を運び自分の目で見てもらいたいということです。日高高校の生徒の皆さんが来てくれて本当にうれしく思いました。また是非来て下さい。」

 是非、皆さんも東北に行く機会があれば行って自分の目で見て、何ができるかを考えてください。本当の復興支援はこれからだと言われています。

 さて、終わりに、本日は一年間の学校生活のまとめの日といえます。1年間を振り返りどうだったでしょうか。いよいよ、4月からは、3年生は高校生活の総決算であるとの自覚を持って最善を尽くし卒業というゴールまで駆け抜けて下さい。2年生は、学校行事や部活動で中心的に活躍する時を迎えます。是非、それぞれの目標を明確にして、目の前の課題から逃げずに挑戦してください。

 来年の皆さんの頑張りを期待して校長講話を終わります。

※「校長室から」でも情報を発信しています。こちらから → http://153.127.209.180/spec/hidaka-h_nc2/?page_id=2025


 終業式の終了後にサプライズ! 生徒会から年度末で退職を予定している西宮校長に花束の贈呈がありました。体育館が暖かい拍手で包まれました。

表彰式。

 本日、終業式に先立ち、各種の表彰が行われました。

・成績優良賞
・一ヵ年皆勤賞
・かるた同好会
・バドミントン部
・商業関係上位級表彰
 *簿記実務検定会計等
 *情報処理検定1級等
 *ビジネス文書実務検定1級等
 *商業経済検定1級等
・実用英語検定
・日本漢字能力検定2級等
 
 さまざまな分野で生徒が活躍しています。
 

0.1mmから始まる僕らのいのち。~「誕生学講演会」~

 本日、誕生学アドバイザーの上野尚子様をお招きして「誕生学講演会」を開催しました。いのちの誕生から、こころと姓の話、赤ちゃんが生まれるまでの様子などをスライド、パネル、人形などを使いながら丁寧に話していただきました。少し寒さの厳しい中でしたが、いのちの大切さを十分に理解できたと思います。
 
 

”人権”の問題は、”人間”の問題。

 本日は、人権教育の一環として、人権啓発ドラマ「カラフル」を鑑賞しました。このドラマは、どこにでもある家族の物語を通して、家庭の中にある人権問題を取り上げた内容です。子どもの就職、結婚、他人の噂、そしてLGBTなど、さまざまなテーマを含んだ作品でした。
 少し難しい内容も含んでいましたが、生徒は熱心に鑑賞し、考えることが出来ました。

にっこり 第2学年が第2回保護者進路講演会を行いました。

 本日、第2学年では来年度の進路実現に向けて、進学希望生徒の保護者の方を対象とした、「第2回保護者進路講演会」を開催しました。
 進路指導主事の話に引き続き、進路情報ネットワーク 桂 崇人様から、学費に関することや専門学校・短大・大学の違い、指定校の情報などについて、詳しくお話をいただきました。
  また、終了後は個別相談も対応していただき、生徒と保護者は多くの情報を得ることができました。
 本日の内容を、家庭でもよく話し合い、納得のいく進路を実現して欲しいと願っています。

! 私たちが決める!この国のかたち~租税教室~

 本日、川越税務署税務広報広聴官の高波貴代子様をお招きして「租税教室」を行いました。税金の仕組みや使われ方、少子高齢化を踏まえた財政の在り方などについて、丁寧に説明をしていただきました。さらに、「主権者」として税とどのように関わるかなど、選挙年齢引き下げを意識した内容にも触れていただきました。現在の2年生の中には、夏に予定されている参議院議員選挙の際、実際に選挙権を持つ生徒もいます。その生徒にとっても、大変に参考になったと思います。


 
  

会議・研修 携帯電話やスマートフォンの正しい使い方を学ぶ。

 インターネットやスマートフォンの普及によりネットトラブル等が社会問題となっています。生徒が携帯電話やスマートフォンの正しい使い方を学び、犯罪に巻き込まれないための知識を得るために、埼玉県警察生活安全部サイバー犯罪対策課サイバー犯罪対策係の越塚祐一さんをお招きして、「サイバー犯罪対策講演会」を行いました。
 実際の事例を交えたわかりやすい内容で、生徒も真剣に聞く事が出来ました。
 

お知らせ 全商協会主催検定試験5種目1級取得!

 11日に卒業証書を授与した生徒の中に、「全国商業高等学校協会主催検定試験三種目以上1級取得(5種目取得)」に該当する生徒がいました。この生徒は、本校の情報コースで3年間学び、簿記、情報処理(ビジネス部門)、ビジネス文書、珠算・電卓、商業経済の1級を取得しました。授業の他、自分自身での取組もあっての偉業達成です。
 埼玉県内では商業高校や商業学科でも5種目取得は各校数名。このことからもこの卒業生の努力の成果は見事です。この生徒は、この成果も生かしながら大学に進学。自分の進路を切り拓きました。情報コースの在校生はこれに続けとばかりに、努力をしている生徒が何人もいます。
 資格を生かした進路実現。日高高校情報コースの新たな道標としていけるよう生徒、指導する教職員がこれからも共助を続けます。

!情報コースで新たな学びを! くわしくはこちらから ⇒ 日高高校情報コースの魅力.pdf

晴れ 第40回卒業証書授与式。厳粛に。

 本日3月11日(金)、埼玉県立日高高等学校第40回卒業証書授与式を挙行、136名の卒業生がこの学び舎を旅立ちました。
 


  
  
  

 また、開式に先立ち、東日本大震災の被災者に対する哀悼の意を表するため、来賓、保護者、生徒、そして本校職員で黙祷を捧げました。