新着情報

2015年8月の記事一覧

夏季公開講座「"いくら"ってロシア語?」


 8月22日(土)、本校でロシア語講座が実施されました。
 簡単にロシア語の歴史の説明があった後、実際にロシア語のキリル文字をひとつひとつ発音練習し、すぐに使える日常表現などを学びました。講座の最後には「ロシア語で自分の名前を書いてみよう!」として、受講者の皆様にロシア語で名刺を手作りしていただきました。

大統領のマトリョーシカロシアの工芸品「ホフロマ塗り」
ロシアの工芸品「グジェリ陶器」

学びを変える、授業が変わる。

「授業力向上研修」を校内で実施しました。アクティブラーニングの手法のひとつとされる「知識構成型ジグソー法」について、本校初任者が初任者研修の一環として取り組みました。
 授業の流れについて説明後、授業の進め方に関して意見交換。それぞれの立場や視点を踏まえて、さまざまな意見が交わされました。
 実際の授業は九月を予定、この取組を生徒の「生きる力」に繋げます。

  

キラキラ 夏の風景

 本校の業務職員は、ちょっとした植物でも心を込めて育てています。
 本校駐車場の脇に無造作に植わっていた葡萄(デラウェア)も、ネットを掛けて大切に育てたので、立派な実が沢山なりました。
 校庭の脇に植えられたブルーベリーにも、甘酸っぱい実がたくさんついて、夏を感じさせてくれます。

    

笑う 完成が楽しみです。

家庭部が作成中の高麗の衣装が、完成しつつあります!
上衣の袖の配色は、家庭部員が考案したもので、グラデーションにこだわりがあるとのこと。
虹のスカートと合わせて、完成が楽しみです。
 
   

夏季公開講座「PhotoShop入門」

 8月1日(土)、県立学校夏季公開講座の一環として、本校を会場とした「PHOTOSHOP入門」講座が実施されました。
 日高市在住の5名が参加され、本校教員がPHOTOSHOPの基礎的な操作方法をレクチャー。丁寧な指導で、画像加工の面白さを実感しました。

  
 
 

! 2015滋賀 びわこ総文報告(2) 「小倉百人一首かるた部門」



 7月29日(水)、いよいよ小倉百人一首かるた部門開幕です。本校3年の新井大和が県代表の一人として参加します。
 29日(水)は厳粛な開会式、和やかな交流会に続いて注目の抽選会。埼玉県チームは、秋田、石川、宮崎と同ブロックになりました。夜は宿舎で練習を行い、最後の調整をしました。

【画像は宿舎での練習の様子】

 30日(木)、予選リーグが始まります。秋田に5-0と完勝、石川を3-2と下し、宮崎には2-3で惜敗。予選リーグ2位の結果に一瞬声を失いましたが、いわゆる「ワイルドカード」で次のステップ、決勝トーナメント進出選へ。そこで群馬を3-2で下し、ベスト8が確定しました。
 31日(金)、決勝トーナメントの相手は強豪の東京。東京の牙城は崩せず敗れましたが、埼玉県としては4年連続のベスト8以上の結果となりました。
 奨励賞の賞状を手に看板の前で記念撮影。充実した3日間となりました。 

【奨励賞の賞状を手に】

! 2015滋賀 びわこ総文報告(1) 「総合開会式」



 7月28日(火)~8月1日(土)、文化部のインターハイともいうべき「第39回全国高等学校総合文化祭滋賀大会(2015滋賀 びわこ総文)」が、滋賀県で行われました。
 小倉百人一首かるた部門に県代表の一人として出場する本校3年の新井大和は、28日(火)びわ湖ホールで行われた総合開会式に参加しました。これは、県内から「びわこ総文」の各部門に参加する400名を超える生徒の代表としてコメントを発表するものです。群馬県の生徒に続き、11番目に登場した新井大和は、びわこ総文参加への決意を力強く発表しました。
 また、事前に「水に関わる名所・名物紹介」を求められましたが、これについては地元日高市の巾着田(曼珠沙華の里「巾着田」公式ホームページはこちらを取り上げ、「秋に咲き乱れ曼珠沙華の紅さに負けない気持ちで、かるた部門に参加する」とコメントしました。これは総合プログラムに掲載されています。

 
  

花丸 ひ・まわり探検隊「百人一首を楽しもう~競技かるた入門~」

 8月5日、「ひ・まわり探検隊」日高高校会場では2つの講座を用意しました。そのうちのひとつ、「百人一首を楽しもう~競技かるた入門~」の様子を紹介します。
 本校かるた同好会は、本校食堂兼合宿所の2階で活動をしています。今日はその場所が会場となります。かるた同好会の生徒は競技用袴で、受付の終わった小学生を会場まで案内します。
 

  

  まず、かるた同好会顧問から競技かるたについて説明を受け、その後、本校生徒の模範演技。迫力ある勝負に小学生も緊張気味です。その後、札の読み取り方や上の句、下の句などについて少しずつ学び、最後は実際の競技かるたを体験できるミニゲームに取り組みました。
 「ちはやふる」の世界を実際に体験した小学生、「競技かるた」に興味を持って熱心に取り組んでいました。

  

 ひ・まわり探検隊の特設ページを設けました → http://153.127.209.180/spec/hidaka-h_nc2/?page_id=2030
◎ 日高市ホームページ「ひ・まわり探検隊2015」のページはこちらから → http://www.city.hidaka.lg.jp/6,44268,24,103.html