校長だより    ~ 感謝、全力、チーム日高! ~

3学期がスタートしました

令和6年が始まりました。新年早々の能登半島での震災及び関連の事故・災害に際し、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

3学期の始業式は、犠牲者の方々への黙とうで始まりました。こうしている今も、雪降る寒さの中で救助を待っている方、避難生活の窮乏に耐えている方々がいる、ということに全校生徒と共に思いをはせ、校長講話では「人と人とが支えあうこと」についてお話をしました。生徒諸君はよく聞いてくれていました。

人は、自分のことだけを考えていては、なかなか100%の力は発揮できないそうです。自分以外の誰かを支えなければ、と思ったときに、人は自分の殻を破って強くなれる。人を支えるために、自分は何ができるかを考えることで、自分だけのためではない強さとやさしさを身につけた若者になってほしい、と願っています。

ご関係の皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。どうぞくれぐれもご自愛ください。