新着情報

高大連携:上級学校訪問

本校では昨年度より、情報コース3学年課題研究の授業において、AI人材育成を目的とし、「埼玉県AI.IoTプラットフォーム」を活用したAI学習を行っています。

今回は埼玉工業大学にご協力いただき、現在のAI研究の実際を学ぶとともに、実際の研究現場を見学をしました。


 ▲マイクロバスで埼玉工業大学に向かいました

まずは、ものづくり研究センターにて3Dプリンタでの造形の様子を見学するとともに、現在のAI研究の実際のお話をしていただきました。

 
 ▲3Dプリンタで作成されたオブジェクト(1枚目)と、造形の様子(2枚目)

 
 ▲講義の様子

その後休憩をはさみ、2つの研究室(曹研究室、河田研究室)を見学しました。

曹研究室では、脳とコンピュータをつなぐインタフェースの研究の紹介がありました。脳波でロボットを操作するという話は生徒はとても興味を持ったようです。

 
 ▲脳波測定体験の様子(1枚目)と音声認識ロボット操作の体験(2枚目)

河田研究室では、「ものづくりとIoT」をテーマとした、AIレベルに応じた活用事例の紹介等をしていただきました。

 
 ▲説明時の様子

大学での実際の研究を見たり、大学の先生から直接お話しいただいたりと生徒にとってとても貴重な経験となりました。

2学期からはこれらの知識を基に、実際にAI技術を用いた画像認識の研究を行っていく予定です。