新着情報

日高高校の取組・日常の出来事

【日本史探究】土器に触れてドキドキ・ワクワク(高麗学Vol.2)

 6月6日(火)、3年生の選択授業「日本史探究」の時間に、日高市生涯学習課の文化財担当の方をお招きして、日高高校周辺の原始・古代について、レクチャーしていただきました。

 高校周辺には、縄文時代の遺跡が複数発見されています。また奈良から平安時代にかけては、王神遺跡・拾石遺跡など、学校の敷地(テニスコート)を含む広いエリアに、3つの大きな遺跡が発見されています。そこから発見された墨書土器や鳥形硯、役人のベルトの装飾品、銅銭などから、ここに高麗郡の役所(郡家)があったと推定されています。

 当日は、市内の遺跡から発掘された縄文土器や弥生土器、須恵器などの土器や土偶、石器などを、手に取って観察することができる時間も設けてくださり、充実した授業になりました。

(担当教諭:川島啓一)