ご案内

保護者の皆さまへ

埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年3月号

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年3月号「画像の無断掲載による危険性について」

自身で撮影した画像をSNSなどのインターネットに投稿する人が増えています。ネットパトロールの際にも、自分の姿を写したものや、街や自然の風景を撮影したものなどをよく見かけます。しかし、なかには被写体の許可を得ずに、撮影したものを投稿してしまう児童生徒もおり、トラブルになることがあります。

【無断で他人を撮影した画像の公開は肖像権の侵害になることも】
最近SNSでよく目にするのが、街中で見かけた見知らぬ人を無断で撮影したものです。公共の場で迷惑行為をしている人や、一風変わった外見や服装をしている人などを見かけた際、その様子を写真で撮影し、SNSに投稿してしまう人がいるのです。
無断で他人の写真を撮影、公開することは、肖像権の侵害に該当する可能性があります。場合によっては、対象の人物から名誉棄損で訴えられてしまうかもしれません。また、画像を公開することで、他のインターネット利用者から非難のコメントが集まることもあります。さらに、こうした画像の投稿をきっかけに、投稿者の個人情報が特定され、問題の画像とともに個人情報が拡散されることもあります。

【なぜ無断で他人を撮影し、その写真をインターネットに投稿してしまうのか】
では、なぜ児童生徒は無断で他人を撮影し、その画像をインターネットに投稿してしまうのでしょうか。おそらく、児童生徒も、許可を得ずに他人を勝手に撮影したり、その画像をインターネットに投稿したりすることはいけないことだ、とわかっているでしょう。しかし、肖像権に対する理解が十分でないように思われます。漠然とはわかっていても、肖像権を侵害することが不法行為に該当するとまでは認識していないのではないでしょうか。また、不法行為であると認識していたとしても、肖像権というのは、芸能人やスポーツ選手など、有名人だけが持っている権利であり、誰もが持っているものではない、と考えている児童生徒も多いのかもしれません。
そのため、「迷惑な人がいたからインターネットにのせてこらしめてやろう」「面白い人がいたから友達にも教えてあげよう」といった気持ちが勝ってしまい、他人を勝手に撮影し、その画像をインターネットに投稿してしまうのだと考えられます。 

【無断掲載を防ぐために】
他人から無断で写真を撮られたり公表されたりしない権利である肖像権は、有名人だけでなく、一般の人も持っているものです。この権利を侵害することは、不法行為に該当します。児童生徒には、肖像権に対する正しい知識を身につけさせ、他者を撮影したり、その画像をインターネットに投稿したりする際は、必ず許可をとるよう指導することが必要です。
それと同時に、自分が被害にあった場合にどう感じるか、考えさせることも大事です。知らない人から勝手に写真を撮られて、不快に感じない人はいません。ましてその画像を、誰でも見ることができるインターネットに投稿されることは、ひどく傷つくものです。
また、自分がおもしろいと感じて投稿したものでも、みんなが共感してくれるわけではありません。なかには、不快に感じたり、傷ついたりする人もいます。同じものを見ても、人それぞれ感じ方が違うのだ、ということを理解させ、インターネットに投稿する前に、見た人がどう感じるか考えるよう指導していくことも大切です。

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

過去の「埼玉県ネットトラブル注意報」(埼玉県教育局県立学校部生徒指導課)はこちらから!
↓ 

https://www.pref.saitama.lg.jp/f2209/internet/net.html(埼玉県のホームページが開きます。)

埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年2月号

◆埼玉県ネットトラブル注意報 平成28年2月号
「文字を使ったコミュニケーションにおける問題点とその対策について」

インターネットの発展やスマートフォン等の普及につれて、仕事だけでなく、日常でも、文字を使ってやりとりをする機会が増えました。児童生徒の間でも、SNSやLINEを使ったやりとりは、日常的なものになっています。文字を使ってのやりとりは、口頭よりも正確に情報を伝えることができたり、遠方の相手とも気軽に連絡がとれたりと、大変便利なものです。しかし、誤解からトラブルが起こりやすいのも事実です。今回は、文字を使ったコミュニケーションにおける問題点とその対策についてお話しします。

【文字だけでは微妙なニュアンスが伝わりにくい】
対面でコミュニケーションをとる場合、私たちは言葉以外に、相手の表情や身振り手振り、声のトーンなどの情報を含めて相手の感情を判断しています。しかし、文字を使ってのやりとりには、こうした情報がありません。つまり、文字だけで相手の感情を判断しなくてはいけないのです。そのため、微妙なニュアンスが伝わりにくく、誤解を招いてしまうことがあります。具体的には、どういったやりとりから誤解が生まれてしまうのでしょうか。ここで1つ、誤解が生まれたやりとりの例をご紹介します。
[例]
A子:明日C子の家に10時集合でよかったよね?
B子:そうだよ~
A子:了解!
B子:A子何でくるの?
A子:えっ? なんでそんなこと言うの?

このやりとりでは、B子は、「明日はどのような交通手段で(電車で? 車で? など)集合場所に来るの?」と尋ねたつもりでした。しかしA子は、「なぜあなたもC子の家に来るの? (来ないで欲しい)」といった意味に受け取り、誤解が生まれてしまいました。このように、普段のおしゃべりと同じような感覚で文字のやりとりをしていると、思いもよらない伝わり方をすることがあります。そうした誤解が、けんかやいじめなどのトラブルに発展してしまうこともあるのです。

【文字でのやりとりには、冷静さと相手を思いやる気持ちが必要】
こうしたトラブルを避けるためには、まず、文字でのやりとりは誤解を生みやすいものである、ということを児童生徒に理解させることが必要です。
そのうえで、
・メッセージを送る前に必ず読み返し、相手がどう感じるか、誤解されそうな表現がないか、確認する
・相手の発言で頭にくることがあっても、感情的になって言い返すのではなく、冷静にな って相手の発言の真意を考える
・文字だけでは微妙なニュアンスを伝えるのが難しい、相手に誤解されるかもしれない、と感じた時は、電話か会って話をする
こうした点に気を配りながら、相手を思いやる気持ちを持ってやりとりをするよう、指導していくことが大切です。 

埼玉県教育局県立学校部生徒指導課

過去の「埼玉県ネットトラブル注意報」(埼玉県教育局県立学校部生徒指導課)はこちらから!
↓ 

https://www.pref.saitama.lg.jp/f2209/internet/net.html(埼玉県のホームページが開きます。)